東進の新年度特別招待講習

時間の価値

時は金なり、というけれど…

こんにちは。舩津です。

さて、今日は時間についてです。

人はみな平等に、一日24時間という時間を与えられていますね。

人生スケールにすると、仮に100年生きるとすれば、

24時間×365日×100年=876,000時間となります。

これが私たち一人一人が、人生で持っている時間だと言えると思います。

人生は有限です。そして今まさにこの瞬間も、そのうちの1秒を使って生きています。

このように考えると、「有限な時間(=人生)を、本当に大切にできているか」と、少し反省することもあるのではないでしょうか。

その1分1秒は、将来に何を残すか

そして考えてほしいのですが、今日過ごした1分1秒というかけがえのない時間たちは、皆さんの将来に何をもたらしてくれるでしょうか。

と、何やら偉そうに話している私ですが、時間を浪費してきました。

私は数年にわたって、あるスマホのゲームを続けてきました。ただただ何となく、退屈な時間にスマホのゲームアプリをひらき、遊んできました。人生の有限な時間を消費して来たわけですね。ではそこでは何が得られたか、ひねり出してみましょう。

ともに遊んだ友人とのつながり。クリアするために戦略を練ったり、その末でやっとクリアできた時の達成感。そのゲームをクリアするのに必要な技能や、先を読む力の修得…(?)。半ば強引ですがこういったものが得られたかもしれません。

ゲームをプレイすることで得られることが、確かにあります。ですが、私は正直、後悔しているのです。

「もっともっと、たくさんの知識を得るために時間を使えばよかった。」と、そう思うのです。

選択の場面で、いつも「大変なほう」を選ぶ

ゲームではなく「学び」を選択できなかった理由、それは単純で、自分にとって「樂」だったからだと思います。

人は弱いです。思わず楽な選択に流れていきます。毎日が選択の連続でしょうが、そんな選択の場面で、ぜひ考えてください。

「どちらのほうが自分にとって、よりキツイ、大変な道か」

そしてそちらを選択する習慣を、少しずつでいいですから身につけていきましょう。

その積み重ねが、間違いなく自分を、より特別な存在へと導いてくれるはずです。

私も、これからまたもっともっと、そのように頑張りたいと思います。

皆さんも一緒に頑張りましょう!さぁて、今夜も寝る前に、あと50個、英単語でも覚えましょうか!!

7+
東進の新年度特別招待講習